ブログ

2018年12月3日

『シロツメクサ』

  1. 今日の道草

 

『シロツメクサ』

 

 

季節外れの『シロツメクサ』が道端に咲いていた。

まじまじと観て思うのは 花の作りの精巧さ。

小さな花がいっぱい集まって一つの花を作り出している。

何気なく見ているものでも、じっくり観察すると

いろんな発見があっておもしろい。

 

シロツメクサと聞くと

『あらいぐまラスカル』の主題歌を思い出す。

 

しろつめくさの 花が咲いたら

さあ行こうラスカル

 

と、思わず口ずさんでしまう。

『あらいぐまラスカル』は私が子どもの頃

『世界名作劇場』で放送していて 毎週日曜日の

19時30分を心待ちにしていた。

あの頃放送されていたアニメの主題歌や

エンディングソングは今でもほとんど覚えている。

今のように『You Tube』なんて無くて、聞きたい

音楽をすぐに聴くことなんて出来なかった時代。

ビデオもその頃家には無かったので、テレビから

流れてくるものは一回コッキリ。

テレビを観ることが数少ない楽しみの一つで
見逃さず、聞き漏らさず、集中して観ていた

あの頃に吸収したものは、今でも心の引き出しに

いっぱい詰まっていて、ふとしたキッカケで

引き出しが開くと ささ~~~っと溢れ出てくる。

 

テレビにかじりついて観ていたあの頃の私は

アニメのエンディングソングを歌う人になりたかった。

オープニングじゃなくてエンディング。

いや、オープニングやエンディングなんて難しい

言葉は知らなかったから、はじめの歌と終わりの歌

ってあの頃は言ってたか。

もとい、終わりの歌を歌う人に私はなりたかった。

はじめの歌にはない儚さや刹那さが終わりの歌には

あって、はじめの歌と終わりの歌のギャップが

あればある程、終わりの歌が心に残る。

その最たるものが『はじめ人間ギャートルズ』と

『元祖天才バカボン』だと私は思っているんだけど…

(魔女っ子メグちゃんやルパン3世も捨てがたい)

はじめの歌の陰に隠れてしまいがちな終わりの歌には名曲がたくさんあるのだ。

 

2018年11月26日

『トゲトゲの実』

  • 今日の道草

 

『トゲトゲの実』

 

 

テニスの練習が行われる運動公園へ

娘を送ったついでに公園の中をふらりと散歩。

『うらにし』と呼ばれるこの地方独特の

雨が降ったり止んだりの天候が多いこの時期

晴れた日にはのんびりと道草したくなる。

鳥もピチュピチュピチュピチュと嬉しげに

鳴いていて、屋内型のゲートボール場からは

カコーン カコーンとボールを打つ音と

おじいさん達の賑やかな話し声が聞こえる。

公園にはいろいろな樹木が植わっており

それぞれがもう終わりかけの秋の装いをしている。

大きな樹を見上げると、トゲトゲの実が

クリスマスツリーのオーナメントのように

  • 枝にたくさんぶらさがっていた。

このトゲトゲの実は『モミジバフウ』の実。

モミジバフウ(正式な名前はアメリカフウ)は

開花した後トゲトゲの実をつけ

その実はぶら下がったまま乾燥し、タネを飛ばす。

モミジのような大きな葉っぱは色付き

私たちの目を楽しませてくれた後

はらりはらりと舞い落ちる。

そんな落ち葉がいっぱい積もり

足もとはフカフカの絨毯のよう。

あぁ 秋ももうすぐ終わりなんですね。

 

 

2018年11月23日

『庭♡ラブ。』

 

久々に更新するブログのタイトルは『庭♡ラブ。』
超が付くほどの、ど直球である。

先日友人と

「そういや最近、本読めなくなったねぇ(老眼 …笑)雑誌さえも読んでないわ」なんて話してて。

 

「そういや雑誌かぁ…」

 

 

このBRUTUSは2006年2月1日号。
僕が独立開業した日が2006年3月21日なので

そのほん数ヶ月前に発売されたもの。
当時独立を前にして、期待や喜びより

本当にやって行けるのかな?って不安な気持ちで

いっぱいだった。
そんなタイミングで手にしたのがこの雑誌。
庭に関する専門誌も読んでいた。

その中に出て来る庭はとても素晴らしく

だけどとても遠い存在に感じていた。
『庭の特集をこんな一般誌、しかもいつも読んでるBRUTUSで?ほんと?』なんて思った。

この雑誌に出てくる同年代の庭師さん達

そんな方々の庭に対する想い。
それがとてもカッコよく、自分の憧れや目標になった。

あの日、重森三玲さんが作った庭をバックに

「庭♡ラブ」って木村カエラちゃんが言った日

(決して僕に言った訳じゃないが)
それまで抱いてた不安な気持ちとは別の

これから起こるであろう出来事に、期待や希望が持ててワクワクした事を覚えている。

あの時、心の中にポッと灯りがさしたようなそんな灯は、今も消えることなくずっと灯り続いてる。

 

久々に書くブログはこんな感じでリスタート。
「wayside grass〜道草」がとても評判が良いので

僕も少しずつ『庭』の事について書いていきたいと思います。

 

今後ともどうぞお付き合いよろしくお願いします。

ページトップへ